スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のFIFAランキング、下がる。

日本のFIFA世界ランキングが15位から17位に下がったようです。


国際サッカー連盟(FIFA)は19日、最新世界ランキングを発表し、アジア勢トップの日本は前回から二つ後退して17位だった。オーストラリアは20位で韓国は31位。
ワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア3次予選で同組のウズベキスタンは73位、北朝鮮は124位、タジキスタンは130位だった。
1位スペイン2位オランダ3位ドイツに変動はなかった。ブラジルが7位から5位に上がった。

ソース: スポーツナビ

全国のFIFA世界ランキングを見るには、こちら


<海外の反応>
・アメリカ
日本の推移をみていると面白い。

・ドイツ
何でタジキスタン戦に勝ったのに、ランキングが下がったんだろう。

・スペイン
スペイン最高!

・アメリカ
アメリカ、頑張ってくれ。

・イギリス
イギリスは、落ちぶれてしまったな…。

・ブラジル
BRAZIL!!!!!!!!!!!!!!(原文)



<感想>
ランキングが低いチームに高いチームが苦戦したり、高いチームが負けたり等、サッカーは最後まで分からないスポーツなので、あまりランキングは参考になりませんが、こう見ていると面白いですね。
上記の反応の中にもありましたが、確かになぜ日本のランキングが下がったのでしょうか。それでも、アジアで1番、17位というのはすごいことだと思います。
ちなみに、次のランキング発表は11月23日に行われるそうです。楽しみですね!

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

>。さん

FIFAのランキングは、まず第一に試合をしないと上がらないみたいです。
更に、試合に勝つこと、とタイトルを取る、ランキング上位との試合をする、等と色々と作用するみたいです。

今日本30位w
何でこんなに変動するのよw
-Sponsored Link-


最新記事
-Sponsored Link-
タグ

日本代表 香川真司 移籍 ワールドカップ予選 本田圭祐 親善試合 FIFA 岡崎慎司 長友佑都 U-23 清武弘嗣 宮市亮 ワールドカップ2014 特集 オリンピック 乾貴士 宇佐美貴史 コンフェデレーションズカップ 李忠成 ハーフナー・マイク 東アジアカップ 酒井高徳 吉田麻也 ワールドカップ2018 カレン・ロバート 酒井宏樹 川島永嗣 ドルトムント 大津祐樹 内田篤人 長谷部誠 久保裕也 ヘルタベルリン インテル オーストラリア代表 柿谷曜一朗 アジアカップ2015 アジアツアー アーセナル チャンピオンズリーグ アジア最終予選 ヨーロッパリーグ 森本貴幸 永井謙佑 リクエスト 

リンク
ブログランキング


人気ブログランキングへ
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。